ANA JCB一般カードの申し込み

ANA JCB一般カードの申し込み

みなさんこんにちは。tabibloyです。今日はこのブログの目標の一つであるSFCをゲットするための第一段階としてANA JCBカードの申し込みについてです。

ANA JCB一般カード

なぜJCB一般カードにしたのか

まず僕がなぜJCBの一般カードを申し込んだのかについてです。SFCことスーパーフライヤーズカードをゲットするにはANAの一般カード、ワイドカード、ワイドゴールドカード、アメックスゴールド、ダイナースカード、プレミアムカードを事前に入手しておく必要が有ります。SFCはANAのステータスがプラチナになった時点で発行できるのですが、ANAの一般カード等をすでに所有していれば切り替え扱いになります。しかし、未所有の状態でプラチナになりSFCの発行をすると新規発行扱いになります。

クレジットカードに詳しい方は既にご存知かと思いますが、クレジットカードは発行時に審査が有ります。収入や支払い状況などが確認され、返済能力や申し込んだクレジットカードのターゲットに合致すれば発行されます。切り替え出来るカードが無い状態でSFC修行を始めるのはリスキーですね笑

ちなみに収入や支払い能力には問題無いが、審査に落ちる場合はターゲットに合致していない可能性があるということです。クレジットカードは決済された金額の数%を利用した店舗に上乗せで手数料として払ってもらうという構造の為、ターゲットでは無い人に発行するとカードが使用されず、手数料がカード会社に支払われない為です。

僕はANAでSFCに切り替えれるカードを所有していないので、SFC修行を始める前に発行しておく必要が有ります。

所有マイルを修行に使用するには、スカイコインというものに交換する必要が有ります。スカイコインについては別記事でまとめたいと思います。この一般カードはマイルをスカイコインに交換するときのレートが低いので、多くの陸マイラーさんがワイドゴールドをおススメしているのですが、僕は極力お金を掛けずに修行を行いたいので、今回は年会費の安い一般カードにしました。

公式ホームページにはステータスやカード種別によるマイルからスカイコインへの交換レートの一覧が有ります。一般カードでは最大1.5倍の交換レート、ゴールドカードでは最大1.6倍になります。差はたったの0.1倍です。50,000マイルを交換する場合は5,000コインの差になるので5,000円分と同じ価値ですね。

キャンペーンやポイントサイトを使う

僕はマイルを貯めているのでポイントサイトを使おうと考えていました。しかし、残念なことに僕が使っているモッピーでは過去にANA JCBカードを発行したことが有る人は対象外でした。ソラチカルートを使う際に作ったソラチカカードはANA JCBカードに該当するため僕はポイントサイト経由の申し込みを諦めました。

次にキャンペーンですが、僕はボーナスマイル等を貰えるだけの決済をするのを節約するため、カード入会ボーナスの500マイルだけ受け取ることになると思います。

ちなみにANA JCBカードを1枚も持ってない人がポイントサイト経由でANA JCBカード プレミアムを申し込み、更にボーナスマイルもすべてゲットする場合は、ポイントサイトで5,200ポイント・ボーナスマイルで56,500マイルゲットすることが出来ます。ハワイ往復のマイルがエコノミークラスで40,000マイルなので、ハワイ往復してもまだマイルが余りますね。

入会判定状況

現段階では入会判定中になっています。無事発行されるかは未定ですが、SPGアメックスが発行出来ているので発行される可能性が高いのではないかなと思います。

まとめ

SFC取得の準備としてANA JCB一般カードを申し込みました。最低限の出費でSFC取得が出来るようボーナスマイル等を受け取るための出費も抑える予定です。