USJ カウントダウン 2019

  • 2019.01.23
  • USJ
USJ カウントダウン 2019

皆さんこんにちは。tabibloyです。今日は昨年末に参加したユニバーサル カウントダウン パーティ2019について取り上げたいと思います。僕はカウントダウン前日に大阪入りし、2019年1月1日まで滞在しました。予約から当日までを通してまとめていきます!

カウントダウンパーティチケットの購入

チケットの購入情報はUSJ(ユニバーサルスタジオジャパン)公式サイトや公式SNSで夏頃から告知が有りました。2018年の発売は9月12日から先行発売、2日後の9月14日から一般販売でした。僕は9月12日の先行発売で手に入れるため、発売開始時間には公式ページを開き、発売ページのリンクが有効になるのを待ちました。先行販売はローソンチケットやYahoo!チケットを通して行われます。僕はローソンチケットで購入したのですが、カードを使用し決済完了の数分後にカード会社から電話が…

何かトラブルかと思い電話に出ると、カードの利用確認の電話でした笑

担当のオペレーターの方に聞くと、僕が決済をしたタイミングで同じようにローソンチケットで決済をしてる人がたくさんいて、不正使用を疑っていたそうです。非常にうれしいことですね。カード利用で普段決済しないサイトや高額な決済で確認していただけるのは本当にありがたいです。

ちなみに僕が購入したのはビュッフェ付きパーティパスです。1人27,300円と高額なチケットですが、カウントダウンパーティ入園後20時からビュッフェが楽しめ、メインイベントのカウントダウン・モーメントでは特別鑑賞エリアでゆったりと楽しむことが出来ます。

チケットは全部で5種類用意されていて、一番安い入場券のみが12,800円、一番高いVIPエリア鑑賞券付きが28,800円です。エクスプレスパス付きのものも設定されていました。毎年数種類用意されているのでカウントダウンパーティ2020でも用意されると思われます。

USJカウントダウン
USJカウントダウン公式サイトより

ホテルの予約

オフィシャルホテルにしなかった理由

ホテルの予約に関しては今回かなり迷いました。ユニバーサルスタジオジャパンには最寄りのユニバーサルシティ駅からエントランスまでの間に多くのオフィシャルホテルが有ります。しかし、僕らは今回の参加をチケット発売日ギリギリで決めたため、オフィシャルホテルの最安値が8万円以上という困った事態に直面直面してしまいました。そこで深夜にパークから出てホテルで少し休むという遊び方を断念し、大阪駅方面で安いホテルがないか検索をしました。

大阪駅付近で安いホテルを探す

どうにかして予算を抑えたかった僕らはBooking.comで検索を開始。3万円台後半で宿泊出来るグランフロント大阪を予約しました。それからは更に安いホテルが無いか検索の日々でした。深夜営業のパークを遊びつくすならベッドとシャワーさえ有ればいい。そんな中見つけた最安値は大阪駅からさらに地下鉄御堂筋線で1駅の距離にあるホテル ユニゾ 大阪淀屋橋 こちらのホテルでは12月30日から2泊3日で31,926円でした。安い!早速こちらのホテルを予約しました。粘り強く探した結果宿泊日を50,000円近く抑えることが出来ました。

お部屋のイメージ
公式サイトより

飛行機の予約

東京―大阪間を安く飛べる航空券が見つからない…

年末の12月30日に東京から大阪へ移動する国内線航空券は発売と同時に早期割引のものが売り切れてしまっています。カウントダウンパーティのチケットとホテルを予約し、安心しきっていた僕らは移動手段を忘れていました。気が付いたのは10月上旬。当然片道2万円程度の航空券しか見つかりませんでした。今度はskascannerで検索。すると昨年末話題になっていたtrip.comで成田から伊丹へのフライトが9,140円で出ていたので、そのまま予約をしました。予約段階ではtrip.comのホテル空売りの件がニュースで取り上げられる前のことでした。まさか1か月後にあんなに報道されることになるとは…

確認出来ない予約確認書

trip.comでは予約確認書が送られてくるタイミングで料金が決まっていました。出発直前に予約確認書が送られてくるタイプと決済完了後2時間以内に送られてくるタイプに分かれていたのですが、出発直前に送られてくる方が値段が安く設定されていました。しかし、安心を手に入れたい僕は決済後2時間以内に予約確認書が届く方で申し込みました。そして、決済後すぐに予約確認書が送られてきました。これは旅行代理店から届く予約確認書になるんですが、旅行代理店を通しているため航空会社側でも予約が取れている状況なのか確認をしました。僕が予約したのはJAL。公式ページで予約確認を試みるも対象の予約は有りませんの表示です。募る不安。慌ててtrip.com側に問い合わせると予約が取れていることはtrip.com側で把握しているとの対応。違うPNRでもう一度検索して欲しいと別のPNRを教えて頂いたが、やはり予約が確認出来ない。そこでJAL国内線問合せに電話。オペレーターの方から国際線として予約されていると教えて貰いました。そこで国際線問合せに電話を掛けたところ、一度予約が入ったようだが、キャンセル扱いになっているとのこと。状況が理解できず、trip.com側に再度問い合わせるが予約は成立しているとの一点張りでした。Amadeusでも予約確認は出来ず、再度JAL国際線問合せに電話し、PNRが有効でなく、予約確認ができない旨伝えてみました。そして、航空券番号から予約を検索していただけないかお伝えしたところ、予約が見つかりました!

後々知る事実

僕はマイル集めていますが、飛行機に関する知識は少なく、当初なんの疑いもなくこの航空券を予約しました。後から知ったのですが僕が予約したのは海外からの観光客向けに発売している海外航空券にセットで販売される国内旅行券だったのです。格安の理由もパッケージツアーなどで使用する航空券のバラ売りだんたんだぁ…と納得しました。もちろん購入のページにはそのような記載は無いので、不安要素を一つでも減らして予約したい方は、公式ページや大手旅行代理店で行うことを強くおススメします!

移動日

僕が予約したのはとても不便な航空券でした

僕は埼玉県東部に住んでいるため、羽田空港も成田空港も同じくらいの時間で向かうことが出来ます。しかし、好きなのは羽田空港!ターミナル全体がオシャレで覗きたいお店もたくさん。そしてターミナルから飛行機にボーディングブリッジで直接乗り込むことが出来ます。対して成田空港が国際線がメインとなっていて国内線は冷遇されています…。なんと飛行機に乗るためにはターミナルからバス移動です。飛行機が好きな人はバスから間近に大きな飛行機を見ることが出来て、むしろバス歓迎という人も多いと思いますが、僕はバス移動が嫌いです。できればボーディングブリッジから搭乗したかったです。

出発時間が微妙

成田から伊丹に向かう便はJALでは2便しか設定が無く、僕らが搭乗したのは16時55分発の飛行機。完全に1日が無駄になってしまいました。でも、公式の割引運賃を入手出来なかった僕のミス…。我慢して空港へ向かいます。

事前座席指定が出来ない

僕らが手に入れた航空券は本来海外からの旅行者が使うもの。そのため事前座席指定が出来ません。チェックイン時に座席が確定します。僕らは席がバラバラになってしまうことも覚悟で向かいました。チェックインカウンターでスタッフのお姉さんがtabibloy様は座席の指定が済んでいませんね?あいにく並びの座席は非常口横しか取れませんがよろしいでしょうか?との確認。全然大丈夫です。むしろお願いします。状態です笑。

非常口横の席は、非常時にはCAさんと一緒に避難誘導を行う必要が有りますが、僕らは大規模な施設で働いていて、避難誘導には慣れています。もちろん避難の誘導が必要な場面には遭遇したくないですけど笑。有難いことに非常口横は座席の間隔が広く、通常の席よりも足を伸ばすことが出来ます。リクライニングが出来ない座席も有るのですが、リクライニングよりも足元の広さが優先の僕らには本当に嬉しい座席です。

安全のしおり
B737 安全のしおり

伊丹到着

伊丹空港からはモノレールで蛍池駅へ。そこから阪急宝塚線で梅田へ。年末の梅田駅は静まり返っていて、不安を感じるほどでした。名物の横にズラリと並ぶ改札は全然人が居なく、御堂筋線へ続く通りの両サイドのお店は軒並み閉まっていました。

ホテルへ

御堂筋線で1駅の淀屋橋へ向かいホテルへチェックインします。ビジネスホテルのホテル ユニゾ 大阪淀屋橋では、入り口入ってすぐのところにお正月の飾が有りました。年末感が漂いますね。チェックイン後はお腹が空いたので、なんばに向かいました。夕飯については次の記事で紹介します。

エントランスにあった正月飾り
ホテルエントランスの正月飾り

まとめ

今回はユニバーサルカウントダウンパーティ2019の予約とホテル、交通手段についてまとめました。次回は30日の夕飯からカウントダウンパーティ当日についてまとめていきます。